自分でエアコン掃除をやらないほうがいい理由とは?

エアコン分解中
自分でエアコン掃除すると、不完全な掃除になることがあります。
たとえば、エアコン洗浄スプレーなどを使うと、表面は綺麗に見えますが奥は汚れが残ったままのことが少なくないです。
また、場合によってはスプレーの影響で汚れを奥に追いやってしまうことにもあります。
汚れを綺麗にしたと思っていても実は菌が繁殖してしまいます。
エアコンを動かすとその菌が室内に放出されます。
そうなると、場合によっては喘息などの健康被害を引き起こします。

エアコン掃除はプロにおまかせ

専門家はプロ用の洗剤と高圧洗浄機を使うので、エアコンの汚れを綺麗にとってくれます。

まず、洗浄スプレーをするとき、養生をする必要があります。
しかし、自分で掃除をした場合養生が面倒でしないことがあるでしょう。
その結果、クロスやカーテンが汚れがついてしまうことがあります。
スプレーによる泡は上手く洗い流す水を使い洗い流した方がいいと言われています。
その場合に、ビニール袋に穴が開いていたとき下のカーペットなどが汚れてします可能性が出てきます。
ビニール水を入れると重くなり、指に力で破けてしまうことがあります。
プロは万全な対策をとっているので、室内が汚れると言うことは通常ないです。

エアコン掃除のトラブル

エアコンを徹底的に綺麗にしようとした場合、分解することになります。
素人は分解はできたとしても、復元ができない可能性が出てきます。
特に最近発売された高性能エアコンは、復元が難しくなっています。
復元できないとなると、エアコンは当然使えません。
プロに復元依頼するとお金がかかります。
専門家はもちろん、エアコンの構造を熟知しているので、迅速に復元してくれます。

その他にも、エアコンが故障してしまう可能性が出てきます。
たとえば、掃除するときに電源を抜いたり電気が通る所をビニールなどで保護する必要があることもあります。
万が一、これらのことをしないでスプレーを利用して掃除した場合、故障する可能性が出てくるでしょう。
場合によっては、買い替える必要が出てきます。
故障だけにとどまらず、掃除中に感電してしまう恐れもあります。
プロに相談すれば、エアコンを熟知しているので、トラブルなく綺麗にして貰えることが期待できます。

エアコンは掃除する場合に椅子か何かを使います。
その場合、落下してしまい怪我をする可能性が出てきます。
普段やらないことをすると、あたり前のことに気が回わらなくなることがあります。
また、歯ブラシなどを使い綺麗にしますが普段使わない筋肉を使い傷めてしまうこともあるでしょう。
怪我をしたり筋肉を傷めたりした場合には、治療費がかかることもあります。
場合によっては、仕事を休まなくてはいけない事態になることもあるでしょう。
プロにお願いすればこういった心配はありません。

まとめ

自分で掃除する場合には、各作業に慣れていないのでかなりの時間がかかることが予想されます。
また、なれない作業をするため、効率も悪くなります。
プロに依頼すれば、短時間でエアコンを完璧に綺麗にして貰えます。

依頼するには、コストが発生します。
ですが、依頼した場合のメリットとデメリットを比較すると、あきらかにメリットのほうが多いです。

この記事の作成者

株式会社さくらコーポレーション
〒702-80227
岡山県岡山市南区福成3丁目2−3
TEL:086-261-1839
2019-08-22 | Posted in エアコンクリーニングComments Closed